バーリィトゥードな、なんでも日記
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
Shop.TOL
by TSUTAYA online










<< 小ネタの嵐 | main | ガンダム、冬ごもり >>
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - |PAGE TOP↑ -
隠者の生活
category: - | author: togusa
土日は久々にゆっくり過ごす時間ができた。
おまけに初雪まで降るほどの寒さだったので、
外に出る気がせず、隠者のように読書をしてしまった。

まず最初に読んだのは「もの食う人びと」
高校時代に新聞で連載を読んでいたのだが、すっかり忘れている。
古本屋で文庫版が安くなっていたので、これ幸いと購入したもの。

ダッカの残飯、第2次大戦中のフィリピンでの人肉食、
変わりゆくベトナムのフォーの作法、ドイツのトルコ移民の悲哀、
飢餓とエイズの隙間を縫うようなアフリカの食、旧ユーゴ内戦の味、
そしてチェルノブイリの目に見えぬ汚れがついたキノコたち…。

“食べる”ということはどこの国でも共通しているからだろうか、
食事をみていると、そこに暮らす人たちの日常が見えるようで、
半ばワクワク、半ば悲しくなりながら一気に読んだ。

本に影響されてか空腹になったので、パスタを茹でる。
鍋がパスタ用じゃないので、湯の量がギリギリで焦ってしまった。

固めに茹でた後、牛乳にコンソメ、ほうれん草、ベーコンのスープに入れる。
寒い日にはスープが腹に染み渡るようで美味い。

一服したあと「毒草を食べてみた」という本に取り掛かる。
なんだか食べる本ばっかりだ。

毒草1つごとに3、4ページなのでさくさく読める。
日常的にある草や花が実はとんでもない毒草だったり、
学名の由来が神話や歴史の事実を元に作られていたりするのが面白い。

例えば「ベラドンナ」という植物がある。
この植物にはアトロピンという猛毒成分と、スコポラミン、
ヒヨスチアミンという幻覚や錯乱状態を引き起こす成分が含まれている。

このアトロピンという成分は瞳孔を開かせるらしく、
昔の女性は絞り汁を点眼して、美しくなろうとしたようだ。
もちろん、犠牲者が大勢出たことは言うまでもない。

ただ、このアトロピンは人類に貢献もしている。
サリンや有機リン系農薬の中毒患者の治療薬として非常に有効なのだ。

学名「Atropa belladonna(アトロパ・ベラドンナ)」の由来も結構面白い。
「アトロパ」は運命の三女神(モイライ三女神とか言われる)の一人で、
運命を断ち切る女神アトロポスのことだそうだ。
それだけ毒性が強いということなのかもしれない。
また「ベラドンナ」は、イタリア語で「美しい貴婦人」の意味である。

ちょっと残念なのは、タイトルに偽りがあるのでは? ということ。
著者が実際に食べてみたのは僅かな毒草だけなのだ。
JAROに訴えたろか。ふんとにもー (#゚Д゚) プンスコ!

読了後、廉価版になっていたので買った「A.I.」を観る。
人間の酷さが解かる映画である。

1日目はこれで終わり。
もう一冊読み始めて途中なのだが、その話はまた後日。

▼最近の気になったこと
○爆弾所持ほのめかした男、警備員が射殺…マイアミ空港
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20051208it03.htm
⇒怯えてこんなことになってるようじゃ、テロリストの思うツボでは…。

○マンモスキャバレーで“ムネオ祭り”
http://www.bnn-s.com/bnn/bnnMain?news_genre=2&news_cd=220011027617
⇒ちなみに会場の名前は「エンペラー」。
 なんだかわからんがスゴい気がする(;・∀・)

○ドイツで火災に気付いた犬が住人救う、自らは焼死
http://www.excite.co.jp/News/world/20051209175831/JAPAN-196477-2_story.html
⇒どうせ、通信社がお涙頂戴のストーリーで民衆を気持ちよくさせとけ!って
 感じで配信配信したもんだろうけど、やっぱ泣けちゃうね。・゚・(ノд`)・゚・。

○「時をかける少女」がアニメ映画化
http://www.kadokawa.co.jp/tokikake/
⇒根強いファンがいる原田知代の実写を超えられるのかなぁ?

○高さ1キロ超のビル建設 クウェートで計画進むと英紙
http://www.sankei.co.jp/news/051210/kok011.htm
⇒ここまで高いと最上階とかは窓の外に雲とかないんだろーか?
 もしあったら、オモロイかも。火事とか超コワイけど。

○舞妓さんブログ
http://ichi.dreamblog.jp/
⇒京都の「市」というお茶屋の舞妓「市まめ」さんのブログが、
 12/14(水)にスタートするらしい。
 舞妓さんがどういうことを考えてるか興味あるなぁ。

○童貞SNS「D.T.」
http://dt.uxu.jp/
⇒童貞専用SNSらしい。なんだかなぁ (;´∀`)

○「極太1本うどん」を食べに
http://portal.nifty.com/koneta05/12/12/01/
⇒デイリーポータルネタ。
 ここまで来ると、もはやうどんじゃない気がする。
 すいとんのでかいやつみたいだ。でも食べてみたいな。
comments(8) | trackbacks(3) |PAGE TOP↑ -
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク
- | - |PAGE TOP↑ -
高さ1キロのビルは、
姉歯に設計させればいいんじゃね?

出来上がったら見てみたい。
カリン塔みたいにながーいのかな。
by エロス (2005/12/13 2:12 AM)
このうどんネタ見たよ・・こ、これはうどんには見えん!なんか微妙だ。。
by オタフク (2005/12/13 10:41 AM)
「毒草を食べてみた」を読んで
女神と一体化すべく毒草を食べてみたいなあ。


by タコ (2005/12/13 11:04 AM)
> エロス
かりん塔って絶対1キロじゃすまない気がするな。
なんせ、神様が住んでるとこに繋がってんだから…。

> オタフクさん
ですよねー。
また、うどぅん食べにつれてってください。

> タコさん
食べれば女神と一体化できますよ。
あの世でだと思いますけどね (;´∀`)
by やまとん (2005/12/13 7:12 PM)
極太うどんって、鬼平にでてきますよね。
一回食べてみたい。
by ますお (2005/12/13 9:20 PM)
> ますおくん
へぇ〜、そうなんだ!
さすが池波正太郎、食道楽ここにありって感じ。
ほんと、一回食べてみたいよね。
by やまとん (2005/12/13 9:47 PM)
代々木のドコモタワーが250メートルだから、
あの4倍だぜ!
神様もビックリだよ。
by エロス (2005/12/13 10:09 PM)
> エロス
げっ! そうなの?
あれの4倍って、かなり凄くないか?
最上階付近はマジで雲とかありそうだな。
by やまとん (2005/12/14 10:18 AM)






この記事のトラックバックURL : http://togusa.jugem.jp/trackback/66
アトロピン
アトロピンアトロピン(atropine)は、ヒヨスチアミンのラセミ体であり、化学式C17H23NO3、分子量289.37のアルカロイド。主にナス科の植物に含まれる。CAS登録番号は51-55-8。抗コリン作用を有する薬物である。具体的には、胃腸管の運動抑制、心拍数の増大などの作用があ
知っておきたい医薬品の事! (2006/01/09 10:41 AM)
京都の舞妓 上七軒の市まめブログ という新しい挑戦
「一見さんお断り」の花街(お茶屋)も情報発信を行っている。 それが、上七軒(かみ...
Shoulder.jp (2006/01/25 3:45 AM)
アトロピンについて
アトロピンアトロピン (atropine) は、ヒヨスチアミンのラセミ体であり、化学式 C17H23NO3、分子量 289.37 のアルカロイド。主にナス科の植物に含まれる。CAS登録番号は 51-55-8。抗コリン作用を有する薬物である。具体的には、ムスカリン性アセチルコリン受容体を競合
さまざまな医薬品 (2007/07/19 5:52 AM)
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
OTHERS
PROFILE
SPONSORED LINKS